医師選びのコツ

注射

カウンセリングと施術

ボトックスはシワを緩和したり小顔効果が得られたりと人気の高い施術ですが、100%成功するとは限りません。副作用が出現する可能性も、思ったような効果が得られない可能性もあります。日頃から女性雑誌などで体験談を読んだり、クリニックの情報収集をしたりして、正しい知識を身に付けることが大切です。ボトックス注射の料金については、クリニックの経営方針や使用する製剤によって差が出ています。その差は何によるものなのか、各クリニックはボトックスの安全性についてどう考えているのかなどは知っておきたいところです。注射治療はメスを使わず、気軽に受けられるという点が魅力ではあるものの、素人が注射して良いものではありません。注射するのは解剖学や生理学等に精通し、その知識を駆使した施術を行える医師であることが重要です。医師選びのポイントは、形成外科のスキルがあるか否かです。スキルを持つ医師は、学会の専門医として認定を受けています。このように、クリニックを選ぶときは料金面だけでなく、クリニックの経営方針や医師の経歴などを確認するといいでしょう。美容医療は自由診療だけに、クリニック選びに慎重さが求められます。美容クリニックでボトックス注射を受けるときは予約を入れてください。そして予約日当日は、カウンセリングから始まります。医師が直接カウンセリングするクリニックもあれば、看護師や看護助手が行うクリニックもあります。カウンセリングでは、悩みや希望などを詳しく伝えることが大切です。医師はその話を基に筋肉の状態を確認します。果たしてボトックス注射で効果が得られるかどうかを確かめるためです。もしボトックス注射で効果が見込めないようであれば最善策が提示されますが、断っても構いません。ボトックス注射が最善策であると双方で合意できたら、施術に入ります。また、クリニックによっては後日の予約が必要です。施術の際は全て化粧を取る場合と、注射する箇所だけ拭き取る場合があります。ボトックス注射は極細い注射針を使用するため、基本的に麻酔は不要です。しかし、痛みに弱い場合は麻酔テープなどを張って局所麻酔をかけます。麻酔が効いたら注射しますが、所要時間は一箇所につき大体5分ほどです。施術が終わったらメイクをして帰ることが可能です。ボックスの成分が周囲に広がってしまわないよう、注射後4時間くらいはマッサージなどを避けてください。